会社案内ニュース
分野ニュース
     
 
製品 ニュース
 
 
     
   
会社案内ニュース ホーム > ニュース > 会社案内ニュース
電力応用においては、酸化ガリウムは材料としてシリコン、窒化ガリウム及び炭化シリコンに挑戦する可能性がある
 詳細:
時間を発表します:[2018/10/19]

  酸化ガリウムは半導体材料の一つであり、ハンドギャップはシリコン、窒化ガリウムと炭化シリコンより多いですが、電力電子製品の主な構成要素になれる前に、たくさんの研究が必要となります。

  半導体世界の中に新しい材料として、酸化ガリウム技術の形式で現れます。バッファロー大学(UB)での工程と応用科学学院の電気工程副教授Uttam Singisetti博士によりますと、この材料は電動自動車、ソーラー及びその他の再生可能エネルギーへの改善に重要な役割を果たします。彼は“我々は更になる強大と効率の高い電源処理能力を持つ電子部品が必要です。酸化ガリウムは既存の半導体で達成できない新たな可能性を切り開きます。”と言いました。

  電子工業では、できる限りにシリコン半導体に最大化をさせていますので、これはなぜ研究員達が他の材料(例えば炭化シリコン、窒化ガリウム及び酸化ガリウム)を探索している原因です。酸化ガリウムの熱伝導性が良くないですが、ハンドギャップ(約4.8電子ボルト或はeV)の方では、炭化シリコン(約3.4 eV)、窒化ガリウム(約3.3 eV)とシリコン(1.1 eV)を超えました。

  ハンドギャップ測定では、電導状態の必要なエネルギーになるまで電子を振ります。ハンドギャップの高い材料で作られたシステムを採用すれば、バンドギャップの低い材料で作られたシステムより更に薄くて軽くなり、より多くのパワーを扱います。それ以外に、高ハンドギャップは更になる高い温度の下でこれらのシステムを操作でき、巨大な冷却システムの需要を減少します。